アコムで借りると利息はいくら?10万、20万、30万借りた場合の返済シュミレーション

MENU

アコムで借りると利息はいくら?10万、20万、30万借りた場合の返済シュミレーション

アコムのカードローンは1万円から最高800万円まで、金利は保証料などが含まれている実質年率で年利3.0%~18.0%です。銀行と比べると金利は高めではありますが、審査が緩めなどから利用する人が増えています。審査が緩めになる理由にはアコムは銀行とは異なり預金業務がありません。預金業務は預貯金を行うものであり、普通預金口座を作る事で可能になります。銀行のカードローンの中には当行の普通預金口座を持つ人であれば来店不要でウェブ完結融資が出来るなどの条件を設けているケースも多くあります。普通預金口座を持っていない場合でも、口座を作れば申し込みが出来るわけですが、既に他の金融機関の預金口座を持っている場合など、口座が増えてしまうデメリットもあるわけです。

 

銀行は審査が厳しいと言われている理由の中には勤続年数や前年度の年収などがあります。例えば、勤続年数が3年以上、前年度の年収が400万円以上などのような条件を設けている、当行の営業エリアに住所を持つ、営業エリア内にある会社に勤めているなどの条件を設けているケースもあります。アコムの場合はこうした諸条件がないので、年齢や安定した収入などの条件を満たしていれば申し込みが出来ますし、ネットでの申し込みの場合は振り込みキャッシングを利用して即日融資も可能にしています。1万円からの申し込みが出来るので無駄なく利用出来るメリットもあるわけですが、他社借入がなければ50万円未満の申し込みでは所得証明書類が要らないのも人気の秘密と言えましょう。

 

10万円や20万円、30万円などの金額であれば収入が少ない人でも審査通過の可能性を広げてくれるのも所得証明書類の提出が要らないメリットとも言えます。但し、アコムでお金を借りる時には返済計画をしっかりと作る事が大切です。返済計画ではいくらまで借りる事が出来るのかを決めるための月々の返済額を定めておく事です。10万円や20万円なら何とかなる、30万円だと月々の返済額が分からないので、20万円までにしておこうなどではなく、毎月の返済額がいくらなら無理なく返済出来るのかを把握しておく事です。

 

返済計画を作る時に便利なのが返済シュミレーションですが、アコムの公式サイト内には返済シュミレーションの利用が出来るウェブページが用意してあります。返済シュミレーションを利用する時には、借入希望金額と借入利率、返済回数を設定する必要がありますが、借入希望金額や返済回数は任意に変更が出来ます。しかし、借入利率はアコムの審査の中で決定するもので、借入利率を何パーセントにすべきかを把握しておく必要があります。

 

借入利率の目安は返済シュミレーションが掲載してあるウェブページ内にあるので、1万円から99万円以下の場合には
7.7%~18.0%の範囲内で設定出来る事が分かります。金額が大きくなるほど金利が下がりますが、30万円以下の時には18.0%の借入利率で計算しておくと良いでしょう。ちなみに、返済回数は毎月1回として何回で返済を行うのかを設定するものです。借入利率が18.0%の場合は上限が46回までになるので注意が必要です。

 

仮に、借入希望額を10万円、借入利率を18.0%にして返済回数を10回にした時は、毎月の返済額が10843円になります。これは返済趣味レーションを利用すれば瞬時に画面表示してくれます。10843円の場合は無理をしないと返済が出来ない時には、返済回数を10回から15回に増やすなど返済計画を作る事が出来ます。10万円以外にも金額を変更する支払い回数を増やすなどして、自分の返済計画を立てる時に返済シュミレーションが便利な存在になってくれます。

アコム