アコムの金利は交渉次第で引き下げることはできる?

MENU

アコムの金利は交渉次第で引き下げることはできる?

アコムの金利を引き下げることはできる?と疑問に思う人も多数存在します。実際には金利の引下げが行われており、交渉次第では利息の負担を軽くできます。カードローンの利息は日割り計算で決まります。

 

利用期間が長いほど支払う利息の総額も大きくなる仕組みです。各カードローン会社は優良な顧客を囲い込み、長期にわたってキャッシングを行なってもらいたいと考えています。優良な顧客が長期間キャッシングを行うほど、カードローン会社の利益も大きくなります。

 

そのため一定の条件を満たした顧客には金利の引下げに応じています。アコムで利率を引き下げることはできる?と疑問に思う人も多く存在しますが、一定の条件を満たせば可能です。利率を引下げるための条件としては、まず利用期間が長いことが重要です。

 

長期間にわたってアコムと取引関係にあり、スムーズに返済を行なってきた顧客ほど金利を引下げやすくなります。金利を引下げるには、延滞などがなく支払いを必ず行なってきたという実績と信頼が必要です。また正社員や公務員など、安定した仕事に就いている場合も引下げやすくなります。過去に延滞した事実が存在しても事前に連絡をして適切に対処をした場合や、すぐに返済した場合には引下げが可能です。

 

優良顧客にはアコムから限度額の増額案内がくる場合もあります。またアコムは消費者金融系のカードローンに該当するため貸金業法が適用されます。そのため総量規制の対象となり、年収の3分の1を超える融資ができません。借入金額が他社も含めて年収の3分の1以下の場合は、優良顧客と判断されます。アコムの金利は年3%から年18%なので、一般的な消費者金融系のカードローン会社とほぼ同じ水準です。

 

融資限度額は800万円で、融資額によって利率に違いがあります。1万円から99万円までが年7.7%から年18%で、100万円から300万円までが年7.7%から年15%、301万円から500万円までは年4.7%から年7.7%、501万円から800万円までが年3%から年4.7%です。融資額が大きいほど利率は低くなります。複数の貸金業者から融資を受けるよりも、アコムに1本化して融資額を増やすと利率を低くできるので合理的です。

 

カードローン会社は優良顧客を囲い込みたいと考えています。利率の引下げを行うと、カードローン会社が得られる毎月に利益は減少します。しかしカードローンの利息は日割り計算です。利用期間が長いほど利息の総額も増えます。

 

多少利率を下げても、優良顧客を囲い込み長期的な取引ができれば利益は増えることになります。利率を下げても利益になるとカードローン会社が考えるような顧客になることが、引下げ交渉を成功させるための秘訣です。アコムで利率の引下げ交渉を行う場合には、アコム総合カードローンデスクに問い合わせます。総合カードローンデスクは平日9時から18時まで、問い合わせを受け付けています。利率の引下げ交渉以外にも、カードローンに関する様々な相談が可能です。

 

実際に利率の引下げ交渉をする際には他社の利用を検討していることと、利率が下がれば利用を継続することを伝える必要があります。アコムから優良顧客であると判断されていれば、利率の引下げが可能です。優良顧客になるには長期的な利用により信頼関係を築くことと、延滞などが少ないことが必要です。どうしても返済が難しい場合には、事前連絡をするなど適切な対処をしておけば後の利率引下げ交渉がしやすくなります。

 

引下げ交渉ではなく、融資限度額を増額して利率を引下げる方法も存在します。この方法の場合には長期にわたる取引実績がなくても可能です。契約から1年以上経過していれば限度額の増額がしやすくなりますが、融資額が増えすぎないように注意する必要があります。

アコム