アコムの金利計算方法と利息一覧

MENU

アコムの金利計算方法と利息一覧

アコムのカードローンは初めて契約した人は30日間の金利0円サービスを受ける事が出来るチャンスがあります。契約日の翌日から最大30日間は金利が0円で融資を受ける事が出来ます。例えば、30万円のカードローンを契約した場合、契約の翌日に10万円を借入、3日後に残りの20万円を借入した時、30日以内に全額を返済すれば利息がゼロ、半分の15万円を返済した場合は、返したお金は金利がゼロになるので利息の支払いも要りません。残りの15万円は毎月数千円ずつ返済をすると利息は掛かりますが、30万円を返済する時よりも利息が少なくなるメリットがあります。

 

アコムの金利計算方法は3.0%~18.0%の実質年率の中で審査で決定するもので、利用限度額が決定した上で金利が決まるのが特徴です。適用金利の目安として返済シミュレーションが出来るウェブページに契約極度額に応じた金利が掲載してあるので、希望額を決める時など利用すると良いでしょう。例えば、アコムのカードローンを50万円で契約したい時などは、99万円以下になるので貸し付け金利から99万円以下の欄を参照すると、そこには7.7%~18.0%の貸付金利が掲載してあるので、中間の金利でもある15.0%を利用して返済シミュレーションで毎月の返済額を求めれば良いのです。1万円から99万円までが7.7%~18.0%の貸付金利になっている理由は融資額に応じて金利が変わるからです。

 

仮に99万円や50万円で申し込みをした時などは15.0%、10万円や20万では18.0%で計算を行えば毎月の返済額がいくらになるのかを返済シミュレーションが教えてくれるわけです。アコムのカードローンの金利は保証料が含まれた金利で、実質年率と呼ぶものになります。金利計算方法は借入残高の合計に金利を掛け合わせる、実質年率は1年間の金利になるので365日もしくは366日で割る、これに借り入れ期間の日数を掛け合わせれば良いのです。例えば、10万円を18.0%の実質年率で借入を行い、30日間の利息を求めたい時には10万円×18.0%÷365日×30日間の計算方法で求めれば一か月間の利息を計算する事が出来ます。ちなみに、366日で割るか365日で割るかは、うるう年では366日、他の時には365日で割る必要があるので注意が必要です。

 

アコムの公式サイト内には金利計算方法や1日もしくは30日間の利息の計算方法などが明記してあるので、利用前に計算する時など必見です。特に、30日間の金利0円サービスを利用する時など、30日間の利息がどれだけの金額になるかを把握しておけば、余計なお金を支払わずに済むなどのメリットを理解出来るようになります。仮に、50万円を契約の翌日に借入してから、30日以内に返済を行った場合の利息が幾らになるのかを計算するとその効果が良く分かります。

 

アコムのサイト内には契約時の契約極度額に応じての一定の割合についての説明を行っているウェブページも用意してあります。金利計算方法の中でも必要になる情報ですので事前に把握しておくのがお勧めです。契約極度額が30万円以下の場合であれば一定の割合は借入残高の4.2%以上になります。仮に契約限度額を20万円で10万円の借入を行った場合は、借入残高が10万円になります。同様に契約限度額を50万円にして10万円の借入を行った場合の借入残高も10万円になりますが、契約極度額が30万円以下では一定の割4.2%以上になりますが、契約極度額が50万円の場合は借入残高の3.0%以上になります。一定の割合のパーセンテージが変わると同じ金額を借入しても毎回の返済額が変わる事をサイト内でチェックが出来ます。

アコム