アコムの金利はどうやって決まるのか疑問なんだけど…

MENU

アコムの金利はどうやって決まるのか疑問なんだけど…

アコムのカードローンは実質年率3.0%~18.0%になります。実質年率とは保証料などの手数料が金利に含まれている1年間の金利です。アコムのカードローンは保証人や担保がなくても融資を受ける事が出来ますが、保証会社からの保証を受けなければ融資を受ける事は出来ません。保証会社は債務の支払いが困難になった場合、債務者の代わりにアコムに支払いを行う会社でもあり、保証会社が審査を行って申し込み者が返済能力を持つ人物であるのか否かを判断しているわけです。保証会社は無料でこうした債務の弁済を行うわけではなく、申し込み者からの保証料を受け取り保証を行う事が出来るようになっています。但し、この保証料は金利に含まれているため別途支払う必要がないわけです。

 

ちなみに、アコムの公式サイト内には年利がどうやって決まるのかを知る事が出来るウェブページが用意してあります。アコムのカードローンを利用する上で、どうやって決まるのかを把握しておく事はとても大切な事です。年利3.0%~18.0%は幅がありますが、この幅は1万円の時18.0%、最高額の800万円の時に3.0%になると考えておく必要があります。アコムのカードローンは1万円から1万円単位で最高800万円までの融資を受ける事が出来るようになっていますが、中間の400万円では年利が何パーセントになるのか、3.0%~18.0%の表記では分かりません。中間の融資額になるので年利も中間の10.0%なのではないかと推測する人も多いのではないでしょうか。

 

審査の中では申し込みをした人の収入に対する返済能力がどれだけあるのかを調査する事もあります。但し、収入を証明するための年収証明書類は基本的に50万円を超える時以外は提出が不要になっているため、申し込み額が45万円の時には収入に対する返済能力の有無を調査する事は出来ません。この場合は申込書に記載してある年収などを参考にする、個人信用情報の内容を確認して他社からの借り入れの有無をチェックしたり、返済を毎月遅延なく行っているのかなどを調べた上で融資の可否や限度額の設定を行っています。

 

仮に45万円で申し込みを行っても、利用限度額が40万円まで引き下げられてしまう事もありますし、個人信用情報に問題点が多い場合などでは審査に落ちてしまうケースもあります。ちなみに、個人信用情報の問題点とは金融内でのトラブルを起こした事がある人で、ブラックリストの状態や過去の借金などで遅延をした経緯を持つ人などになります。また、直近の中で数社に申し込みを行っている場合には申し込みブラックの扱いを受ける事になるので注意が必要です。

 

こうした問題点がなければ審査に通過出来るチャンスが広がります。審査の中では利用限度額が決定すると同時に適用金利が決まるようになっています。利用限度額が決まらないと貸付利率も決まらないわけです。但し、利用限度額に対する利率はある程度の目安としてアコムの公式サイト内に記載があります。これは返済シミュレーションページ内に記載があるので、予めチェックを行っておくと良いでしょう。

 

例えば、501万円から800万円までは3.0%~4.7%、100万円から300万円では7.7%~15.0%、99万円以下の場合は7.7%~18.0%などの実質年率になるなどが返済シミュレーションページ内に明記してあります。99万円以下の時には7.7~18.0%などのように貸付利率にかなりの幅がありますが、これは審査で利用限度額とも呼ぶ契約極度額に応じて適用が行われる借入利率が決まるからです。このようにアコムの審査の中では利用限度額と貸付利率でもある金利が定められるわけです。

アコム