アコムはコンビニで返済ができる!ただし手数料がかかります

MENU

アコムはコンビニで返済ができる!ただし手数料がかかります

消費者ローン大手の一角アコムは、以前は独立した消費者金融会社だったのですが、メガバンクである三菱東京UFJフィナンシャルグループのメンバーとなり、より一層メジャーな存在になったといえます。三菱東京UFJが運営している消費者ローンですからガバナンスが効いていてしっかりとした企業だろうというイメージが高まりました。キャッシングのインフラに関しましてもアコムが発行するローンカードを使用してアコム直営のATMや三菱東京UFJ銀行のATMから手数料無料でキャッシングすることができるのですが、急にお金が必要になりキャッシングしたいニーズが起きたとき、あるいはお金に一時的に余裕が生じ、返済期限前に借り入れ残高を精算したい、このような突発的なニーズに対応してくれるのがコンビニATMの存在なのです。

 

全国津々浦々に張り巡らされた店舗網は実に魅力的です。コンビニATMは今ではどこのお店に行っても設置されていないところはなく、生活に密着した存在になっているといえます。銀行のキャッシュカードを用いて給料口座からお金を引き出す際も、銀行ATMではなくコンビニATMを利用している利用者もかなり増えてきているのではないでしょうか。
給料日ともなると銀行ATMに列をなして現金を引き出すことがよく見られていましたが、コンビニで買い物がてら現金を引き出すことができることになったことは生活利便性の改善寄与度が大きいといえます。アコムはほとんどすべてのブランドと業務提携を結んでいますから、メンテナンスの時間を除いてほぼ24時間にわたってユーザーのニーズに対応してくれるといえます。

 

コンビニは24時間営業ですからATMも24時間営業に対応していて時間制限のある銀行ATM等と比較しても格段に利便性は高いのです。アコムカードをコンビニATMで使用しキャッシングを行った際は提携ATMを利用することになるので、借り入れ、返済ともに利用金額に応じて108円から216円まで手数料がかかることになることには留意が必要です。カードローンの利便性はいつでも現金をキャッシングできることにあるわけですが、たとえば会社の飲み会に参加している際に、深夜に2次会、3次会に行くことになり飲み代が不足となってしまった、銀行のATMも営業時間外となってしまった、そんな際にサラリーマンの味方になるのが深夜でもキャッシングに対応してくれるのがローソンやセブンイレブン等のATMの存在なのです。手数料は最大で216円と、一見すると大した額ではなく安く思えるかも知れませんが、頻繁に借り入れ、返済を繰り返していると手数料の累積はバカにならなくなってきます。利息負担の軽減、手数料の削減を念頭にしてキャッシングの頻度を出来得る限り少なくしていきたいものです。

 

利便性が高く、借り入れがしやすくイザというときに頼りになるアコムのカードローンではありますが、やはり借り過ぎ、借り入れ過多には要注意でしょう。利便性とは裏腹に、自己の生活を節制することにより、借り入れに過度に依存しないように生活をコントロールしていくことは大切なことです。

 

アコムは以前からサラ金というイメージが強く強引な取り立てや金利が高いというイメージもあったのですが、女優永作博美をイメージキャラクターとして起用したこと、また初めて利用するユーザーには30日間利息無料キャンペーンを展開する等、ユーザーに寄り添う姿勢を見せていて好感がもてる消費者金融会社になってきました。借りることはたやすく、返済することは難しい、世の中のならわしともなっていますが、借り入れした瞬間から、このお金は何としても早期に返すのだという強い信念をもって計画を立てていくことが求められていると思います。

アコム