アコムの「おまとめローン」の申込み流れと必要書類について

MENU

アコムの「おまとめローン」の申込み流れと必要書類について

アコムには1万円から最大800万円までのカードローンが用意してあります。
カードローンにはお金の使い道が自由になる事や申し込み時に保証人や担保が要らない事、他社からの借入がない人は50万円未満の申し込み時には所得証明書類が要らないなどの特徴があります。

 

さらに、申し込みから審査結果が出るまでの時間が早い事や午後2時までに契約を完了した場合には即日融資を受ける事が出来るなどの魅力からも、利用者が多くなっています。
土日や祝日でも申し込みが出来る、即日融資のチャンスもあるのも魅力になっています。

 

アコムにはカードローン以外にも魅力的なローン商品を用意しています。
例えば、貸金業法に基づく借換え専用ローンは一般的におまとめローンと呼ぶローン商品で、数社からの借入を1つにまとめる目的で融資を受ける事が出来るなどからもおまとめローンと呼んでいます。

 

アコムではおまとめローンの呼び名ではなく、貸金業法に基づく借換え専用ローンと呼んでおり、貸金業者からの借金を1つにする事が出来る専用ローンを用意しています。
おまとめローンを利用するメリットは、借金の返済先が1つになる事や毎月の金利、返済金額の負担が減るなどがあります。

 

数社から借入をしていると、新しいローンを組む時にも不利な状況になりやすいのですが、おまとめローンを利用して借金を早く返済すれば、新しいローンを組むチャンスも広がります。
アコムの貸金業法に基づく借換え専用ローンは、カードローンなどとは異なり、フリーコールへの電話連絡からスタートなどの申し込み流れになります。

 

カードローンの場合はネット申し込みなどが可能になりますが、おまとめローンの場合には手続きの方法や必要書類の準備などがあるため、フリーコールでの案内を行っているなど、カードローンとは異なる申し込み流れになっています。

 

フリーコールは公式サイト内に記載がある電話番号で、トップページに記載してある電話での相談窓口になっている番号です。
フリーダイヤルに電話を掛けた時は、貸金業法に基づく借換え専用ローンの利用についての質問をする、申し込み方法や必要書類には何が要るのかを教えて貰えます。

 

貸金業法に基づく借換え専用ローンを利用する際の、主な必要書類としては本人確認書類、収入証明書、他社からの借入金に関する書類などで、書類を持ってアコムの店舗窓口か無人店舗の自動契約機に出掛けます。

 

仕事などの都合でお店に出掛ける事が出来ない場合は、郵送での受付も行っているので、フリーダイヤルの電話した際に確認しておくと良いでしょう。
ちなみに、本人確認書類は運転免許証もしくは個人番号カードや健康保険証などのいずれかを用意しておきます。

 

但し、顔写真がない書類を持参する場合や書類に記載してある住所が現在の住まいとは異なっている時など、現在の住まいの住所が掲載してある住民票や公共料金の領収書、納税証明書などを併せて持って行く必要があるので注意です。

 

収入証明書は源泉徴収票を初めとして、確定申告書や給与明細書、税類通知書など直近に発行が行われたいずれかを用意します。
カードローンなどの場合は指定口座に現金を振り込んで貰えるなどの利用方法になりますが、アコムの貸金業法に基づく借換え専用ローンは口座振替となるのが特徴です。

 

そのため、引落口座が分かるものや口座の届出印なども忘れずに持って行くようにしましょう。
審査結果は、申し込みを行ったその場で分かるので、続けて契約を結べば完了です。

 

数社からの借金は、アコムが借入先に対して振り込みして貰えるので、申し込みをする人がそれぞれの金融業者に返済を行う必要がありません。
ローンをまとめる事で、返済先が1つになるなど、毎月の返済を数社に行う手間やATMを利用して返済する時のATM手数料などが要らなくなるメリットもあります。

アコム