増額申請する時の3つのポイント

「アコム」の利用限度額を増やしたい時、

  1. 「インターネットから申込む」
  2. 「電話で申込む」
  3. 「むじんくんから申込む」

と方法がありますが、いずれで申込むにしても、増額申請で審査に通るための最低条件は同じです。

 

アコムの詳細はこちら↓

 

増額審査に通過するポイント

 

アコムの増額審査は独自の審査基準があります。

 

その基準を元に審査が行われますが、基本的に

  1. 「信用情報」
  2. 「利用状況」
  3. 「個人情報」

の3つの内容がポイントになります。

 

信用情報

信用情報とは信用情報機関の個人情報の事で、すでに利用しているローンやキャッシング、クレジットカードなどの利用履歴の事です。個人情報には「何社でいくら借りているか」とか「問題なく返済をしているか」が記載されています。ですから、金融機関は必ず申込者の信用情報を確認します。

 

増額審査の際も同様です。アコムの増額審査では、「他社借入件数」「借入金額」「事故情報」を主にチェックしています。他社借入件数が4社以上ある場合や借入金額が年収の3分の1近くまで借りていると増額審査に通ることは難しくなるので、借入件数を減らし、借入限度額を減らす事がポイントです。

 

利用状況

キャッシングやクレカの利用中に事故があると、それは事故情報として記録します。事故情報にあたるものは「延滞」「債務整理」代位弁済」「強制解約」などをいい、これらを起こすと、事故情報として記載され、内容によって違いますが5~10年は記録として残り、その間は増額は出来ないと考えておきましょう。

 

また、他社借入額とアコムの利用限度額の総額が年収の3分の1を越える場合は増額できません。ただし、他社借入限度額を減らすことでアコムの増額は可能になります。

 

個人情報

増額審査では住居状況や年収、勤務先など、個人情報に関することもチェックされます。
個人情報の月収が5万円以下の場合は残念ながら審査に通らない可能性が高いでしょう。

 

住所変更や転職などで勤務先が変わった時はすみやかにアコムに届ける事も重要で、住所変更をしてなかった場合、アコムからの書類に「住所不明」として記載されます。また、転職した事が何かが原因で変更届を出してない事が解った時「無職」として記録されるので増額審査に通ることは難しくなります。

 

増額申請をする前に、最低でもこの3つのポイントは押さえておきましょう。

 

 

アコムはこちら