アコムの在籍確認は非通知表示でかかってくるの電話番号が分からない

MENU

アコムの在籍確認は非通知表示でかかってくるの電話番号が分からない

アコムをはじめ、カードローンを利用するうえで欠かすことのできない「在籍確認」は、多くが電話連絡によって行われます。アコムの在籍確認は基本的に電話連絡で行われますが、中には電話連絡以外の方法で在籍確認を行うカードローン業者もあります。

 

カードローン契約時、「電話連絡(電話番号)でアコムを利用していることがバレるのではないか」という不安を感じる人が大勢います。たしかに、電話連絡の際に対応した人がよほど勘が鋭いか、もしくは利用した経験がある場合は「アコムからの連絡」だと分かってしまう可能性はあります。しかし、そういった経験や知識がない人が受けた場合ならば、電話の内容からアコムの確認電話だということを察することはほぼ不可能です。

 

そもそも、この電話で担当者が話す内容は、申し込み者氏名を伝えて「取り次いでほしい」というだけです。もし、用件を確認された場合には事実に基づいた適当な内容で返答してもらえます。仮に本人が電話に出た場合、本人であることの確認で生年月日などを聞かれるため、その会話内容を周囲に聞かれると不審に思うことも増えてしまいます。ただ、簡単に済ませられる確認だけで済む以上、本人が対応できるならばこれに勝る方法はありません。

 

別の者が電話に対応した場合には、「明らかに会社に在籍していない」と判断できる内容以外であれば確認が完了します。たとえば、「休んでいる」「外出している」「席を外している」「用件を聞く」などの対応は、おおよそその人物が会社に在籍していることの証明になるため、本人に取り次いでもらうことができなくとも確認が完了します。要は、「いる」という状況証拠が手に入れば良いだけで、「いない」という可能性を潰せれば十分です。

 

もし、「そのような人物はいない」「個人情報保護の観点から教えられない」などと言う対応をされてしまった場合、前者は在籍確認が完了できなかったとして審査で否決、または保留となってしまう可能性が高く、後者もほとんどが保留となります。ただ、この場合は別の方法で在籍を証明することができれば契約を結ぶことが可能なので、「書類確認」などの手段で取り組んでいくことになります。

 

在籍確認に不安を感じている人の中には、最初から電話ではなく書類の確認で対応して欲しいと要望する場合もありますが、「客観的に必要性が感じられる状況」でなければ電話連絡なしということにはなりません。前述したような状況になれば、書類確認でも致し方ないと判断できるほか、「電話が掛かってくることによって話が大きくなってしまう」という状況などを客観的に証明することができれば、最初から書類確認で済ませられる可能性もあります。

 

そのため、あらかじめ電話確認が難しいと判断できる理由を準備しておくことで余計な不安を解消できるだけでなく、電話連絡によって周囲にバレてしまうリスクを解消することもできます。いかなる対応策を講じるのかは人それぞれですが、基本的にそれほど気にする必要はないと言ことは覚えておいた方が賢明です。

 

また、状況によっては別の不安が生まれることもあります。たとえば、自分で電話に対応できる状況だったとしても、「電話番号が履歴として残ってしまうのではないか」という不安を感じる状況もあります。あまり多くはない状況ですが、相手先の電話番号が表示、保存される契約をしている場合には電話番号が残ってしまうため、そこからアコムからの電話が発覚してしまう可能性があります。

 

しかし、アコムの在籍確認は基本的に非通知設定で行われるため、番号が残る心配はいりません。もし、非通知拒否設定などがある場合には番号が通知されますが、「アコムです」などと名乗るわけではないので簡単にはバレません。

アコム